×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

FX 初心者 講座

指標発表とスリッページ回避の方法

雇用統計や貿易収支、政策金利などのいわゆる指標発表時の取引をしたことがあるでしょうか?それまではっきりしない動きをうねうねくりかえしていた相場が突如一方向に急伸する。クリックした瞬間のレートをちゃんと厳守してくれる。そして急激に大化けする相場以外の場所では、狭いスプレッドの業者は個人トレーダーにとって十分すぎるほどメリットを提供してくれています。だから業者は使い分けなければダメだと常々言っているわけだが、常に生き残れるトレーダーはみな同じことをしている。だから業者選びも生き残るためには絶対必要なんです。 っと言っても、これらの業者が特別インチキをしている、と見るのは誤りでしょう。何かそういうプログラムを組んでいるとしか考えられない。急進するローソクのまだ到達していないその先で約定・エントリーしているといった具合です。こんなに取れていいんだろうかと笑いが止まらなくなるくらいガッツリ抜くことができる。100pips、ときには200〜300pipsと動くことも珍しくない。 ああ、これを取れていればどんなに収支が改善するだろう。でも、上記指標発表に取引するとその違いが歴然とする。FX業者とはそういうものだし、昔に比べてずいぶんましになったとすらいえる。このスリッページは、相場が異常に活気付いているときにはとくに気をつけたい部分であるわけですが、だいたい普段から「スプレッドはドル円0.5銭〜」とか「0.8銭ゴク狭スプレッド」などと詠っているFXブロードネット、MJ、DMM FXといった業者ほど、指標時にスプレッドが広がりやすい。。 すべらせないことを積極的に告知している両業者は、海千山千のFX業界の中でも安定性が抜群によい。FXプライムはセミナーで人気の高野やすのり氏が「指標時でもうちは絶対にすべらせません」、と毎回豪語しているほどの安定性だ。なにせすべらないのだから。とさびしい思いをしている方も多いでしょう。だが逆にこれが思惑と外れて逆進していたら?とおもうと恐い。

初心者が描くFX習得までの損益曲線は?

競争が激化してどこの業者も口座開設で数千円、100lot取引で1万円とかやっている。少しでも資金を節約しようって方法ならアドバイスできる。遅かれ早かれこれに気づいて甘ったれた態度を矯正した人が生き残っている。そんなこと全部自分で確かめるんですよ。 業者はどこがいいですか〜?ロスカットが覚えられないんです〜。こういう質問をする時点で、答えがどこかにあると思い込んでいる。こういうのを利用してなるべく資金を減らさない工夫をしながら勉強していけば、損失の伸びを抑制しながら慣れることが可能。ほとんどのトレーダーが実際に経験する損益曲線は?これに耐え切れない人は途中退場します。 ただ建て玉数をくれぐれも大きくしないこと。含み損をどうしたらいいですか〜?使いやすいチャートはなんですか〜?こういうトレードシステム試してみようと思うんですが〜。口座開設のキャンペーンねらいがそれだ。 FXを始めるなら≪DMM FX≫にお任せ!DMMギフト券プレゼント。普通の人が汗水たらして稼ぐ一週間とか2週間分のお金をほんの数時間程度で稼ぐ方法を習得しようって人間が、その労力を惜しんじゃいけません。専業トレーダーはこれで飯を食えるまでに好き嫌いを問わず、市場から覚悟をたたきこまれます。

決断しなければいつまでも上達はできない

。利食いを我慢して逆にpipsを減らしてしまった。そんな気持ちは素人のそれだ。仕方なく利確。ここでもまた決意と鍛錬とが必要になってくる。

わたしはFXを始めたばかりの頃、チキン損切りをした箇所でしばしば当初の読みどおりの方向にトレンドが向かうことが何度もあった。お金を稼ぐためにFXをやっているのだから当然といえるかもしれない。これはだらだらトレードをしていては何年経とうが到達できない。結果的に負けトレードになったとしても、重要なことは自分のエントリーポイントがあとから見てどんなポイントだったのか知ることである。「ゾーン」のマーク・ダグラスは「一回一回のトレードに一喜一憂してはならず、勝っても負けてもどちらでも良いスタンスを作らなければならない」という。

我慢していれば利益を出せた地点の戻りで損切ってしまっていたのである。大きな建て玉で動揺しないためには、その場合の負けトレードの可能性を100%受け入れる必要がある。くやしい。それは口で言うほど簡単なことではないが、ぜひとも獲得しなければならない態度だ。また逆戻りだ。

。その後、大損にもかかわらず続ける余力があるならば1枚や1000通貨単位で落ち着くのであるが、これをまた増やすためにも決断が必要なのである。なぜなら資金の絶対量を増やすことができず、市場はつねに正しいとして、それでも何かを変化させねばならないなら、それは自分の態度にほかならないからだ。結局、そういう怯えながらのトレードから卒業できたのは、ゾーンに書いてある心理状態を確立したからだと思っている。しかし、建て玉を増やしたとたんまた落ち着かなくなった、という場合、プレッシャーによって正常な判断力が失われている。

内国為替について

さて、【内国為替】のお次は、【送金為替】と【取立為替】について。実は、日銀が取り決めた【準備預金制度】によって全国津々浦々の銀行は、日銀に【当座口座(勘定)】を有し、この口座に預金高から一定の割合を預けることになっているのです。【中央銀行】とも呼ばれますが、この【日銀】が【内国為替】を取り次いでいるのですが、すべては【全銀システム】のなせる業。因みに、【当座預金】とは、預け主の請求に応じていつでも払い戻すことができるモノ。

【内国為替】の仕組みをイメージするには、分かりやすい例として、筆者の★銀行口座から(まだおりませんが)妻の☆銀行口座に送金するケースを考えてみましょう。無利息で手形や小切手を用いて払戻請求を行います。つまり上記の送金でも――ごく日常的な行為ですが――常に【内国為替】として【日銀】を経由してお金が動いているということなのです。まずは、【内国為替】の仕組みについてみていきましょう。

ちょっと驚きですね。ここで登場するのが、【日本銀行(にっぽんぎんこう)】。…で、【内国為替】は、この【日銀】の【当座勘定】上で決済がなされているのです。問題となるのは、両銀行で生じる預金の過不足がどのように決済されているのかということです。

預金者が「払い戻せ〜」と銀行に押し掛けて、業務がパンクするのを回避するためです。記事を改めましょう。異なる銀行間での送金に際して用いられるのが、【内国為替】と呼ばれるシステムです。

送金為替

【送金為替】とは、「為替決済方式の一つ。隔地間で現金を輸送することなく、債務者が債権者に送金手形を送付し、郵便局・銀行が支払いを代行すること。」『広辞苑第五版』…【並為替】だとか【順為替】とも。例えば、海外生活の諸経費、個人的な物品の輸入・書籍等の購入などで。

)が用いられます。ただし、【送金為替】は――次の【取立為替】と対照すればよく分かるように――債務者からのアクションとなるため、「送金したのに商品が来ない」とか、「商品を送ったのに送金されてこない」というリスクが生じます。要は買った人が売った人にお金を払うときに使われるモノ。【電信手数料】が発生。

【送金為替】決済のプロセスですが、【送金小切手】の場合では…債務者(買う人)が銀行・郵便局で小切手を購入⇒債権者(売る人)へ小切手を送る⇒債権者は、受け取った小切手を換金…となります。この【送金為替】は、【外国為替】でもよく使われます。また、【送金為替】は債権者が銀行口座を持たない場合に功を奏しますが、現在の日本では【口座振替】の方が便利ですね。【外国為替】、すなわち海外に債権者がいる場合では、現地通貨で換金されます。

【送金為替】では、【送金小切手(マネーオーダー)】・【郵便送金】(【航空便】で【支払い指図】を相手の銀行へ)・【電信送金】(同じく【電信】で。次は【逆為替】=【取立為替】についてです。さて、【送金為替】=【並為替】については以上です。

取立為替

売り買いを行っている状態を『ポジションを取る』といい、何も行っていない、ポジションを取っていない状態を『スクウェア』という。

くりっく365とは?

透明&公正を目的とした、法的な資格要件を満たしたFX会社だけが参加できる、東京金融先物取引所にあるFXの公設市場のことです。

マージンコールとは?

保障金では、取引額を超えてしまった場合にFX取引を維持するために追加で口座にお金を入れなければなりません。 ポジションのマイナスが一定レベルを越えたときにFXの取引口座に追加で支払うべき証拠金。 保証金内で取引をするべきか、保証金を超えてしまう前に強制決済のある会社でFX口座を開設することをお勧めします。

ロスカットとは?

マージンコールが発生した段階よりもさらにマイナスが大きくなった場合に、強制的に反対売買が行われるシステム。

外国為替:Foreign Exchange

先述したとおり、外貨をいちいち現金を送付して決済する必要がなく、リスクを分散してに事を運ぶことができるからです。【Forex】だとか【外為がいため)】などとも略記されます。つまり手形や小切手が用いられるのですが、現在では銀行が色々な外国為替・FXのサービスを展開しています。さてさて、【外国為替・FX】なんて表記を至るところで見かけるようになりました。

…そもそもカワセですから。ならば、これを利用して一稼ぎしない手はないでしょう。ところで、外国為替・FXで「一儲け」と書きましたが、その原理を確認しておきましょう。そうして、外国為替・FXが人気の市場となっているのです。

といっても簡単なこと、例えば、手元にある、または購入したユーロが値上がりすると売る…それだけ。続いて、外国為替・FX取引の種類をみていきましょう。今やインターネットなどで、リアルタイムに世界中の通貨の価格変動が手に取って分かる時代です。ただし狭義においては、FXは【外国為替証拠金(保証金)取引】を指す場合もありますが、記事を改めて説明します。

英語では、外国為替とはFX…Foregin Exchangeというコト。加えて外国為替・FX市場拡大の理由には、決済方法の利便性も挙げられましょう。1万ユーロを120万円(1E/120円)で購入し、1E/150円となったら売ると、1万2千ユーロを180万円で売れるので…60万の利ザヤを稼げるワケ。